スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖闘士星矢 lost canvas
[No.377] 2011-08-23 Tue 13:33
職場の同僚にペルー人のミゲルって名前のなかなか素敵な男がいる。
彼はみんなから頼られていてもちろんおれもミゲルと一緒に仕事をしていると楽しくなるてとも頼もしい同僚や。
でもたまに発作のように甲高い声で歌をうたい出すんやけどそれがスペイン語なんでなんの歌かようわからん。
「それなんの歌なん?」ってたずねるやつもおらへん。おれもべつに気にせず聞き流している。
彼とはじめて会った日はおれが日本人やとわかると「フジモリって大統領はペルーじゃみんなから慕われてたよ」と言ってきたので「ペルーといえばモアイ像やろ、一度見に行きたいねん」っておれの唯一知ってるペルーのことで社交辞令を交わすと「モアイ像はチリだよ」と言われた記憶がある。

そんなミゲルと昨日倉庫で二人っきりになったんやけどそしたらひそひそと「なぁ小龍、ここらへんで日本のアニメが買えるとこ知らない?」と聞かれた。
そうか日本のアニメはペルーでも人気あるんやなとおれは嬉しくなった。
それでいったいなんのアニメが観たいのかたずねると返ってきた答えが聖闘士星矢やった。
聖闘士星矢っておれが中学生のときやから20年以上前のアニメや。
アホみたいに流行ってたんは知ってるし当時はあたりまえのようにジャンプ読んでたんやけど聖闘士星矢だけはどうもついていけずに飛ばしてた。男坂はおもしろかったけど一番盛り上がるところで終わった気がする。
聖闘士星矢ってめっちゃ昔のアニメやでと説明すると「違うんだよ小龍、新しいのがあるんだよ。OVAって知ってるかい?それなんだよ。ネットで探してるんだけどどこにも落ちてなくってさ」と言うんで「それじゃおれもネットで探してみるよ。日本語のほうが見つかりやすいやろうし」って言って昨夜ネットを検索すると聖闘士星矢のアニメめっちゃあるやんけ。知らんかった。
そんで今日ミゲルにお前の観たい聖闘士星矢はどのシリーズやと聞くとlost canvasやと言った。
lost canvasというシリーズはおれが中学生のときに流行ってたマンガのさらに昔の設定でこれがこうなって誰がどうなってとアニメ熱満載で語りかけてくるんやけどおれはさっぱり内容がわからずついには携帯電話に落とした動画を見せながらこのままじゃあと1時間ぐらい話し続けるいきおいやったんで「わかったおれがネットでそのlost canvasってのを探してきてやるから心配すんな!」と切り上げた。

ミゲルはアニメオタクやったんや。
仕事中に甲高い声で歌うのはアニメソングをそのままのキーで歌ってるんかひょっとしたら声優の声に似せて歌ってるんとちゃうやろか。昔梅田のまんだらけのステージでそのような人たちをよく見かけた。
ほかの連中はもとよりミゲルと一番中のいいただ1人スペイン語でミゲルと会話をしているメキシコ人がミゲルが歌いだすとすっと他人のフリして聴かなかったことのようにふるまってるのもそれがアニメソングやからや。
そんなメキシコ人の対応といい倉庫で二人っきりにならなければアニメの話ができないミゲルといい南米ではアニメオタクってのは20年前の日本のような表立って公言できない後ろめたい趣味人なんやろか。
それじゃあまりにも遅れてるやろ。だから発展途上国なんて言われてるねん。
そんなミゲルのためにもおれはネットで聖闘士星矢lost canvasを探すことにした。英語かスペイン語の字幕付きって厳しい制約の中で。
まず手始めにyoutubeで検索かけると速攻でひっかかった。しかもスペイン語の字幕付きで。

おいミゲルよ。お前もアニメオタクなんであればなんでもっと執念をもって探そうって気にならへんねん。
オタクってそういうもんやろ。たとえ日本語が使えなくても気合いで「聖闘士星矢」の5文字を探しだしてコピペで検索かけたりするもんやろ。それがオタクとちゃうんか。
オタク魂が足らずにオタクになりきれなかったおれですら観たい動画は必死こいて探すっちゅうねん。
それから今後おれに倉庫で二人っきりのときにアニメのことを話すのは禁止や。
仕事中に堂々と話せよな。
ついていかれへんとおもうけど。

ピーナッツの絵は完成。そして新しいキャンバスを張ってる最中。

IMGP2674.jpg
| A Day of I.K |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。